二番目に軍資金の準備です。
軍資金とは単純にいえば、会社を設立して直ぐにうまくいくわけではありませんので、ある程度の期間もちこたえるだけの資金という言い方が正しいでしょうか。
そういう意味で、今法律上はなくなりましたが昔有限会社を設立するには300万円、株式会社を設立するには1000万円の資本金が必要だという基準がありましたが、かなり近いものだと思います。
少なくても、それだけの資金をサラリーマン時代に貯めてきたということは、評価されてしかるべき内容です。
更にいいますと、ビジネスには色々なパタンがあり、自宅が事務所でも電話1本あればできるようなビジネスから店舗を構えないとできないようなビジネスなど様々なケースがあります。
しかし、最初からビジネスがうまくいくわけではない、持ちこたえるだけのお金がいるという原則だけは忘れないでもらいたいと思います。

会社設立、あるいは開業する時に格好をつけない、ケチであることが大切であると思います。
つまり、事務所等は会社設立時はどうでもいいことです。自宅でいい。
会社設立時に作る印鑑なども安くていい、そうでなくてもお金はあっという間に出ていきます。
とことんケチ(節約)に努めましょう。

【長公認会計士事務所の企業経営のページ】

http://www.chou-acctg.com/chou-kigyou.com/