会社を作ろうと決めたあとに守るべきことをのべます。

1.資本金を決める
資本金は準備した全部を使う必要はありません。
1,000万円以下の金額でも構いません。
それより別に社長が事業に注ぎ込めるお金、運転資金があることが大切です。

2.会社の預金口座で全ての事業に関連する入出金を管理する
1つの銀行預金口座を作り、資本金を入金し、事業が開始された後の収入、支出をこの口座で一括管理すれば、事業の採算が現金ベースでどうかというのが一目で分かります。
当初は次から次に、不足資金を社長が個人的に入金していく必要があるでしょう。

3.会計ソフトを導入して自分自身で経理も管理する
経理には不安な人も、会計の本がありますし、現在の会計ソフトは非常に良くできており現金出納帳の感覚で入力していくだけで充分対応できます。

4.会計事務所、税理士や会計士を雇う
小規模な事業でも会計事務所を顧問にすることをお奨めします。
私が会計事務所をやっている為だけではありません。
会社設立後、税務の届出をどうするのか、消費税をどうするのかというややこしい事がたくさんあります。
いかに事前に準備したといっても、税務そのものには落とし穴も多く、自分では出来ない事や面倒な事を会計事務所へ依頼するというのが正しいやり方です。
基本的な経理業務、領収書の管理、入出金の管理を自分でやっている場合は料金もそれほどかかりません。
また、会計事務所は色々な経験を持っていますので、会計数字に限らず、資金調達についてアドバイスが色々できます。

5.従業員をめぐる就業規則に注意する
会計事務所は提携している社会保険労務士がいるケースが多いので、就業規則等気をつけなければいけない事等アドバイスがもらえます。

【長公認会計士事務所の企業経営のページ】

http://www.chou-acctg.com/chou-kigyou.com/

 

コメントを残す

Post Navigation