相続が起きるといつも問題になる事があります。

それは、亡くなったおじいちゃんやおばあちゃんが子供や孫の為に、子供や孫の名義で預金しておいた預金通帳が誰のものかという話です。

税務上は、おじいちゃん、おばあちゃんのもの、相続財産になります。

先日もあるお客様の所でも話したのですが、なんで子や孫に渡さないのかというと、子や孫に渡すと使ってしまう、子や孫の金遣いが荒くなるのが教育上よくないと思っているからだと話されます。

相続対策の為に、子や孫の名義の預金通帳を作り、毎年110万円まで預金していたのに、実際には子や孫に渡して使わせないと相続税の対象になります。

そこでどうするかという話ですが、子や孫が使いにくい形で財産を渡してあげるというのも一つの方法です。

簡単なのは生命保険金です。生命保険金は通常満期のある保険金に入るのですがなかなか使いにくいものです。保険証書があれば途中解約が出来ますがなかなか使いにくいのではないでしょうか。

 

【長公認会計士事務所の相続・事業承継のページ】

http://www.chou-acctg.com/chou-souzoku.com/