ある経営者の集まりで、事業承継について話をする機会を与えてもらいました。

当事務所でよくやっている事業承継とは、オーナー社長から子供へ株を渡す時の贈与税や相続税の軽減の話。いわゆる節税対策の話をすれば良いのかと思っていましたら、税金以外の話をしてほしいとの事で色々と調べてみました。

 

今、20人以上の従業員がいるような中小企業のでも少し大きな企業では息子や娘が後を継ぐケースは全体の43%、息子・娘以外の親族が継ぐケースが11%、そして親族以外の役員・従業員が経営者に昇格するケースが25%との事。

差引の21%は社外の第三者です。社外の第三者とは、親会社から来てもらったりもするのですが、当然M&Aも含まれています。(中小企業白書 2013年版)

 

正確にはM&Aが何%あるのか知りませんが、中小企業庁では事業承継の引継ぎを支援するため、企業のマッチング(いわゆるM&Aです)を行う為に事業引継支援センターなどを作っており、年間700件程度の相談に応じているとの事であります。

また、日本M&Aセンター(東証一部上場)のように、M&Aを仲介して商売にしていく会社も出てきています。

 

20年前は90%が息子か娘、もしくは親族への事業承継だった事と比べてみますと、世の中変わってきているのですね・・・・。

 

Comments are closed.

Post Navigation