名古屋で会計事務所のグループの記念講演でホシザキ電気(売上2,000億円)の社長坂本氏(76歳)の講演を聞きました。印象に残った言葉をまとめています。

 

l  ホシザキはフードサービスインザストリー、外食の厨房設備の中で製氷機から始め、冷蔵庫やビールサーバー等事業内容をどんどんと広げている会社である。

l  売上に対する利益率10%を国内では達成しているが、国外では15%位が常識である。

l  製氷機からスタートしたが、直販(飲食店にホシザキが直接販売するという形式)を取り、修理・サービスが直ぐ対応できるという事が成功の原因になったのではないか。

l  営業社員は6~7名単位で営業成績がマックスとなる。多くなると効率が悪くなる。そのために次々と6~7名の営業所を作ってきた。

l  よく売れる販売方法を広めるため、全国ベストスリーの営業マンの行動パターンを分析して内部公表したところ効率が上がった。

l  新卒を雇うと愛社精神が広がってくる。

l  父の会長が94歳まで経営から手を引かなかった。

最後の頃は5分前に行ったことを忘れ、判断ができない状態になっていた。

l  自分が50歳の時に社長になろうと計画していて、社内では会長が終身社長のため難しいので新会社を作って社長になった。

l  いいと思う事は徹底して頑張る。

l  成功する人とは具体的な対策を言える人である。

l  その後乞われて会社に社長として復帰したが条件を2つ出した。

イ、上場すること

ロ、世界一を目指すこと

l  68歳でホシザキ電気の社長になった。

 

【長公認会計士事務所のページ】

http://www.chou-acctg.com