私は、2008年にこの制度が出来た時からふるさと納税をしています。とはいっても、自己負担(本当の手出し)は、2千円(最初は5千円)だけですが・・・。
私は福岡市の住民ですが、出身地や色々な所に寄付しています。ふるさと納税をすると、お礼として何かギフトをしてくれる自治体があります。
私のケースでいえば次のようなところに寄付しています。
地方自治体 お礼
佐賀県
私の出身地です。私は学生時代(財)佐賀県育英会のお世話になりました。 寄付した金額を(財)佐賀県育英会にまわしてくれます。
鳥栖市
生まれ育った故郷です。現在、母もここで介護保険施設のお世話になっています。 なし
久留米市
久留米市内の高校に通っていました。 巨峰と梨のギフト
熊本県
母のふるさとです。思い出があります。 お米のギフト
以下はお礼目当てです
当麻町 でんすけスイカのギフト
尾道市 みかんのギフト
村山市 さくらんぼのギフト
魚沼市 魚沼産こしひかりのギフト

【ふるさと納税の利用者が急激に伸びている】
「ふるさと納税生活(扶桑社)」という本がベストセラーとなり、その中でお得なギフトがもらえる市町村が紹介されたことも影響しているでしょう。(例示を添付しています)
また、テレビや雑誌でも、「お礼に特産品がもらえる」と紹介されています。1万円程度の寄付で海産物や農産物を贈る例が多いようです。

競争が過熱気味だとの指摘もありますが、効果があった例として長野県阿南町が挙げられます。当初、1万円の寄付で米5キロと野菜セットを贈っていたところ、寄付の金額は300万円程度だったのですが、昨年米を20キロへ変更すると寄付の金額が1億4,000万円となったそうです。
町では、利益を度外視して町内の農家への支援を重視したところ、休耕田が回復し地域活性につながっているそうです。ただ、あまりにも反響が大きくて、阿南町は2014年度分のふるさと納税は3月で締切ったとか。
そこまでいかなくても、地方自治体として地元の農業を活性化するために、ふるさと納税を生かしているのでしょう。

Comments are closed.

Post Navigation