所得税の計算ルール

(所得-所得控除)× 税率 - 税額控除

 

 

配偶者(特別)控除の改正が平成30年度から適用されます。
この発想を単純に言えば、国は専業主婦などがあってはならないと思っているという事です。
GDPをあげるためには専業主婦などにはなるなという事を露骨に表しているような税法改正に思えます。うまくマスコミが誘導された感じです。

 

新聞を見てもよく分からなかったかと思いますが、この仕組みを単純に言えば、例えば給与所得が1120万円以下の人については配偶者控除を従来通り38万円認めるけれども徐々に26万円、13万円と下げていき、給与だけで言ったら1220万円超の人については、例え配偶者の所得がゼロであっても配偶者控除を認めないというルールです。

 

 

 

=====================
※相続のご相談なら長公認会計士事務所 まで

HPアドレス   http://www.chou-acctg.com
電   話  092-731-4640
=====================