安倍首相は成果に対して給与を支払うべきと言いましたが、現実に成果では無く結婚しているかどうか、奥さんが働いているかどうかによって配偶者手当を会社や国や地方自治体が払うというのは、これは理論が矛盾していると思います。

 

いずれにしても平成30年、来年以降の話です。

 

夫の所得から控除される金額

 

 

 

赤線:給与1,120万円(合計所得900万円)以下の人

青線:給与1,170万円(合計所得950万円)以下の人

緑線:給与1,220万円(合計所得1,000万円)以下の人

 

※ 給与1,220万円(合計所得1,000万円)超の人には、配偶者(特別)控除は、例え奥さんが全く働いていなくてもありません。

 

 

 

 

 

=====================
※相続のご相談なら長公認会計士事務所 まで

HPアドレス   http://www.chou-acctg.com
電   話  092-731-4640
=====================

 

 

Comments are closed.

Post Navigation