世の中はスマートフォン時代へ急速に移動している。

先日あるマーケティングセミナーに参加してきました。

そこで教えてくれたのが携帯の状況です。

いかに私が時代に遅れているかということを痛感させられました。

 

スマートフォンの保有率は、7年前の2010年は全国で9.7%だったものが、5年後の2015年は72%になっている。

 

2017年の今年、iPhoneの発売10周年ということですから、いかに早いスピードでスマートフォンが広がっているのかが分かります。

 

現在の福岡県でのスマートフォンの所有比率は全体では74.3%、20代で90%、60歳以上の人で40%という風に若い人達を中心にスマートフォンの比率が上がっています。

ネットにアクセスするのはスマートフォン中心の時代へ変わっている。

 

パソコンを所有している人は20代では60%、40代では73%、60代では91%です。平均ではパソコンを持っている人は74%という事ですので、今後はパソコンでインターネットに接続するのではなくスマートフォンでインターネットに接続する時代が来ています。

 

インターネットといえば、いわゆるソーシャルメディア(SNS)の利用ですが、2017年は7200万人がSNSを利用し、SNSの利用客は72%。これが5年前は5000万人が利用し、人口の52%がSNSを利用していたのに比べればいかにSNSの利用が広がっているのかが分かります。

Facebookの株価が高いわけです。

 

日本で利用されているのはLINEが72%、Twitterが40%、Facebookが36%との事です。

 

スマートフォンを利用してどのようにお客様へアプローチするのか、特に消費者向けの商売をどのようにするかという事が、昔の新聞広告のチラシをどのように作るのかが広告コンサル会社の仕事の中心だったのに比べて大きく変わってきています。

 

世の中の変化の速さについていくのも大変です。。。。

 

BtoC(消費者)向けの商売のホームページではスマートフォンでの利用に合わせて作る必要があります。

メルカリが大流行するわけですね

 

 

 

 

 

 

=====================
※相続のご相談なら長公認会計士事務所 まで

HPアドレス   http://www.chou-acctg.com
電   話  092-731-4640
=====================

 

 

 

Comments are closed.

Post Navigation