出資持分の定めのある医療法人から、新しい認定医療法人制度を利用して相続税のかからない出資持分なしの医療法人へかわる方法

 

10月1日より医師会が永年要望していた、医療法人の出資持分に相続税や贈与税がかからなくする制度が新しい認定医療法人制度を活用して始まりました。 ある程度規模の大きい病院のオーナーを中心に利用がすすみそうです。

 

先月、この認定医療法人の話を説明するセミナーの講師のお仕事を受け説明させて頂きました。

まずは、レジメを作りましたので資料を添付しています。

 

下記のリンクからレジメをダウンロード出来ます

ファイルの閲覧は読み取り専用となります

2017年度税制改正・事業承継・相続対策

 

 

 

 

 

=====================
※相続のご相談なら長公認会計士事務所 まで

HPアドレス   http://www.chou-acctg.com
電   話  092-731-4640
=====================

 

Comments are closed.

Post Navigation