お金持ちになる方法について考える

 私はお金・土地・株など財産の運用について仕事柄関心をもち独立した。ちょうどそのころに日本に導入され始めたファイナンシャルプランニングの勉強で資産運用について浅く広い知識を得られることを知りました。

 お金の面から収入と家を買うローンを返済する、子供の学費などの支出とを年度別に組み合わせて破綻しないように計画することをライフプランといいます。

 そして、自分の財務面での人生設計を作るということについて真剣に考えるようになりました。

 ついにはファイナンシャルプランナーの資格のなかでもCFAまでとってしまいました。

 そのような中で経済的独立性という言葉を知り、働かなくても生きていけるような立場になるにはどうすれば良いかという事について漠然と考えていました。

 その時、一番刺激を受けた話は、1997年に出版された『隣の億万長者The Millionaire Next Door』というトマス・J・スタンリーの本でした。

 100万ドル(大体1億円位)程度の財産は普通の人も築けるという本です。トマス・J・スタンリーは大学教授でしたが、色々豊かな人々を調査した結果、普通に100万ドルをもっている人は普通の人々が住んでいる街中にもたくさんいるのだ。その人たちは普通の収入か、あるいは普通の人よりは少し多いくらいの収入かもしれないが、節約した生活を送っていき、かつその節約したお金を安定した財産をうむものに預けていけば、きちんと1億円程度の財産は引退する時にはきちんと出来ているという話でした。

財産を築くルール

 収入-支出 = 残るお金

 残るお金を運用していくと、財産になる。

 収入を増やす、支出を抑える、残ったお金を運用する

 この本に大変刺激を受けました。

 その本の直ぐ後にアメリカでは同教授による次の本The Millionaire Mindが出版されたそうです。

 先日、たまたま、私はその本を本屋さんで見つけました。最近出版された本です。ただし、その本の題名はあかぬけてなく、『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』という本です。これよりはMillionaire Mind、100万長者の人がもっている心がけの方がきっと売れたとは思いますけれど。。。同じ題名で別の方の別の本が出版されているのですね。

 この本も隣の億万長者と同じような話ですし、特に億万長者の方のアンケートを通じて出された、億万長者の人が心がけていることの本ということであり、現に億万長者である人たちにアンケートをとっているという事で根拠が示されていないお金持ちの共通点などの記事よりも信頼性が高いと思います。

 書いてある内容は基本的には隣の億万長者に書いてある内容と同じであり、より詳細に心がけることが書いてあるように思います。

 隣の億万長者では資産は収入が多いことによって資産が築けるのではなく、収入と支出の差から生れ出るものをいかに安定的に貯蓄し、増やしていくのかという話を中心にすえてあります。公立学校の教師程度の収入であっても億万長者の仲間入りができ、退職後の生活に不安を感じないなどのたくさんの例が出てきています。

 私の会計事務所では、相続税の申告をたくさん手がけています。

 地主さんでない方の相続税の申告も多く、地味な生活をされていた方でも“こんなに”と驚くような預金やや有価証券をお持ちの方も多いです。

 色々な統計によれば、日本でも20世帯から30世帯に1世帯ぐらいは、金融資産だけで1億円を持たれているようです。

 会社を退職されて年金生活に入られても、金融資産が1億円あれば安心ですね。

注) 英語でお金もちのことをMillionaireと言います。今、100万ドルは1億2,000万円ですので、日本語訳では億万長者としています。

 野村証券のリサーチでは富裕層という表現をしています。



=====================
※相続のご相談なら長公認会計士事務所 まで

HPアドレス   http://www.chou-acctg.com
電   話  092-731-4640
=====================