【所員:山見】

 

 

低迷する地方銀行

地銀の「稼ぐ力」が落ちています。

日銀のマイナス金利政策が長期化する中、収益の柱である貸出金利回りが下がり続けているからです。

次のページ以降で、地銀(第二地銀も含む)全104行の2019年3月期決算の開示資料を集計しています(エコノミスト調べ)。貸し出しや手数料収入といった本業のもうけを示す「コア業務純益」を調べたところ、2018年3月期から減少した地銀は半数以上の57行となっています。トップ銀行の横浜銀でさえ、コア業務純益は27%減と3割近く落ち込んだ結果となりました。

下記トップのスルガ銀行は、投資用不動産向け融資で高い収益性を誇りましたが、書類の改ざんや偽造といった不正が判明しました。金融庁が昨年10月に一部業務停止を命じ4月に解除されましたが、地銀の「優等生」と言われた高収益モデルは足元から揺らぎ、経営危機を救う「支援者探し」が進んでいる現状です。

 私どもがなじみのある銀行では、鹿児島銀行が14位、福岡銀行が16位、西日本シティ銀行が26位、北九州銀行が34位となっており、四行とも純利益は対前年比でプラスとなっております。

貸し出し金利で稼ぐことが困難である以上、銀行は他の商品で稼ぐ必要があります。他の商品の例としては、生命保険、損害保険の手数料、投資信託の手数料、提案型コンサルティング報酬等があり、銀行員にはノルマが課されます。

全行員がノルマ達成のため悪質な営業をするとは申しませんが、過去にはそういった事例も見受けられましたので、今後、銀行から保険、投資信託、コンサルティング業務の提案を受けた際には、是非当事務所へ相談して頂くよう宜しくお願い致します。

 

  

 



(記事)【所員:山見】

 

 

 

 

=====================
※相続のご相談なら長公認会計士事務所 まで

HPアドレス   http://www.chou-acctg.com
電   話  092-731-4640
=====================



【所員:山見】
「リッツカールトン 最高の組織をゼロからつくる方法」を読んで

     「リッツカールトン 最高の組織をゼロからつくる方法」  ホルスト・シュルツ(リッツ共同創業 …

【所員:山見】
「医療法人会計の実務ガイダンス」を読んで

    著者:新日本監査法人   顧問先の決算にて適用すべき点を再度確認する         (記事 …

【所員:山見】
「メルカリ」を読んで

    著者:奥平和行(日経新聞編集委員)   なぜフリマアプリの中でメルカリだけが急成長出来たのか …