「効率を超える力」を読んで

【所員:中村】

 

 

著者:モートン・ハンセン

 

「一生懸命に働く」という発想から「賢く働く」という視点に変える為の7つの習慣が紹介されてありました。

 

特に印象に残ったのは「小さな工夫で成長のサイクルを巧みに回す」ということです。

 

物事を学ぶときに「量」ではなく「質」を重要視する事で早く成長する事が出来、いい結果に繋がるという事が書かれてありました。

 

仕事を作業としてするのではなく、一つ一つ考えながら質を上げていけるよう心がけようと思いました。

 

 



(記事)【所員:中村】

 

 

 

 

=====================
※相続のご相談なら長公認会計士事務所 まで

HPアドレス   http://www.chou-acctg.com
電   話  092-731-4640
=====================



【所員:中村】
「社員を大切にするから黒字になる・甘いから赤字になる」を読んで

    著者:近藤宜之   著者近藤さんがつぶれかけの会社を再建させるために何を行ってきたかが書かれ …

【所員:中村】
「クマオ―の消費税トラブル・バスターⅡ」を読んで

    著者:熊王征秀   消費税におけるトラブルの具体例をお客様と税理士が会話しているような形式で …

【所員:中村】
「税理士が見つけた!建設業経理の失敗事例55」を読んで

    具体的な失敗事例と事例についてのポイントがわかりやすくまとめられていました。   基本的な経 …